30代が何かしらで日常を楽しくしようと必死なブログ

これまでやってきたことのまとめ。これからやることを決めたり、経過を記入するブログ。

ビールの味変アイテムがあったら売れると思ったが・・

ビールはうまい。だが、最初の一口こそ至高な飲み物である。
暑い日にしょっぱいオツマミをかじり、そして流し込む一口目のビールは圧倒的だ。
これに敵う酒は存在しないと思う。

だが・・・

1リットルレベルになると若干惰性で飲んでいる感が出てくる。まずくはないが、最初のあの感動はとっくに無くなっているのだ。

なんでなんだろう。味の問題なのだろうか?

通常、オジサンになると1~2杯のビールを飲むと「次どうする?」とザワザワし始める。
それは日本酒か、焼酎か、変わり種では梅酒ロックなどに移行する。

ということは足りないのはアルコール度数なのだろうか。

だが、ハイボールではビールほど飲酒量を増やすことによる味の劣化を感じない。
ウーロンハイやレモンサワーなんかでもビールほど一口目と数杯目の差は感じない。

やはりビールの味なんだろう。喉越し、キレにこだわったあまり最初の一撃にすべてをかけているのかもしれない。

つまり!!途中で味の変化が必要なんだろうという結論に達した。

そうなると有望なのは、際立った香りのフレーバーや追加アルコール。
これらがあれば圧倒的な力を持つビールがもう一度味わえるのではないか。

そう思った。

そう思ってネットを調べてみると・・・
すでにあった。

そうだよな。あるよな。うまいこと作っているようで今度試してみたいと思ってしまった。

ついでに独自にハーブ類、甘さ、ジンなどを調合して遊んだら楽しそうと思ったがあまりに二番煎じのため気合が入らなくなってしまった。

今週の週末は普通にカラ揚げビールで楽しもうと思う。夏至近くの長い日差しの中を自転車でひたすら数時間走って、シャワーを浴びて、ビールとから揚げだ。
もうとてつもなくうまいんだろう。


以上