読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代が何かしらで日常を楽しくしようと必死なブログ

これまでやってきたことのまとめ。これからやることを決めたり、経過を記入するブログ。

30代のオッサンが最近夢中になっていることは沢山ある

今週のお題「何して遊んだ?」

これから書く内容、遊びと呼べるか微妙なものもあるような気がしているが、ちょうどよい「今週のお題」が出てきたため、最近夢中になっていることをまとめてみようと思った。
30代でこれだぜ?昔は大人になったらもっとまともな趣味を持ってるんだろうな・・・なんて思ったけど、全然変わっていないのであった ~完~

①料理

料理は数年ハマり続けているが全く飽きる気配がない。
「そのとき一番食べたいものを作る」って考えで作っているからかもしれない。

最近面白いと思っている料理は麻婆豆腐だ。

正月に食べに行った赤坂の陳麻婆豆腐という店の麻婆豆腐があまりに旨かったため、それに近づけようとしながら料理を楽しんでいる。
四川風のため、豆板醤、テンメンジャンをベースにしつつ、ホールで花椒を買ってきて、それを炒って、ミルですり潰して大量投入などしている。

花椒がこれでもかというくらい個性的な味わいで、更に舌が痺れて変な感覚になっていくのが楽しく旨いのである。

陳麻婆豆腐食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13002291/


②調味料を試すこと

料理と合わせて調味料集めにもハマっている。
スーパーで売っている安い食材は限られている。なので、調味料を増やすことで出来ることを増やしていこうという考えだ。

最近ハマっている調味料は「麻辣醤」「タバスコハバネーロソース」「桃屋のきざみしょうが」だ。

「麻辣醤」は豆板醤と花椒、テンメンジャンが混ざったような味わい。適当に入れるだけで本格的っぽい味がするため、本当になんにでもつけてしまうくらい旨い。ちなみにかなり辛い。私はオーケーストアでこれを購入している。

>横浜大飯店 中華街の麻辣醤

「タバスコハバネーロソース」は、タバスコの辛いバージョンと思いきや、タバスコと舐め比べると圧倒的にフルーティなのだ。
タバスコよりも鋭さがないのに、ずっと辛いという不思議さでハマってしまった。
ちなみに私は「カルディ」でタバスコハバネロソースを購入した。

タバスコ ハバネロソース 60ml

桃屋のきざみしょうが」は単なる刻み生姜ではない。
ゴマ油とか鶏ダシが入っているため、そのまま食べてもいけるくらいとてつもなく旨いのだ。
炒め物でもスープでも、ちょっとこれ微妙じゃない?と思うのが出来てしまったら即投入だ。それだけで料理が1UPする。
ちなみに「絶対に桃屋のものを買ってほしい」類似品はいまいちでした。

>桃屋 きざみしょうが 110g【楽天24】[桃屋 刻みしょうが]

あとは相変わらず「馬路村すし酢」は旨い。
単に私の好みなだけかもしれないが、最近はポテトサラダに入れると尋常じゃない旨さになることがわかった。
我が家ではポテトサラダに馬路村すし酢を入れるとワールドクラスの味になると言われている。

私が一人で言っている。

>高知県馬路村 すしの素


③筋トレ

長らく頚椎症で首に負荷がかかることを避けていたが、最近かなり首の調子が良いので筋トレを復活させている。
かなり久しぶりなので、ダンベルは3㎏×2つにして、スクワットから重量挙げのように頭上にダンベルを持ち上げるスナッチの真似事をしている。
あとは腹筋、腕立て伏せ、ダンベルサイドレイズやリアレイズで体を筋トレに慣らしている。
これでも30分部位を変えて繰り返すと、翌日全身が筋肉痛になってちょっと心地いい疲れが残る。

筋トレは軽すぎなければ回数をこなすと確実に筋肉痛になる。
筋肉痛になると、筋繊維回復のためのカロリー消費があるため、高校生時代の成長期なみ、とは言わないが、体のエネルギー消費量が増えてダイエット効果がある。

これがジョギング系の有酸素運動との違いである。


ロードバイク

こちらも首の調子が良くなり始めているので少しずつ再開している。
コンビニやスーパーで惣菜とおにぎりやパンを買い込んで、川沿いを走り、ピクニックのように外で昼飯を食べて帰ってくるのだ。
帰ってきたら、シャワーを浴びながら風呂掃除をするである。

最近ロードバイクに乗らないと風呂掃除ができない体になってもうた・・・・
本屋に行くとトイレに行きたくなるように、ロードバイクに乗ると風呂を掃除したくなるのだ。

もう少し調子が良くなったら、車にロードバイクを積んで、霞ヶ浦の周辺など走り回りたい。
ロードバイクは1時間20kmくらいは本当に余裕で走れるので、車移動後の現地移動手段としても超優秀である。
衝動買いしてしまうならば、結構高いけどこの辺がカッコよくておススメ。

RALEIGH(ラレー)CRN(カールトンN)クロモリロードバイク【完全組立】


⑤バーチャル株

私は昨年のGWあたりから、実際の株価に連動するバーチャルでの株トレードサイトを使って、株で遊んでいる。
使っているのは「トレダビ」というサイトだが、元手は1000万円で信用売りなどの信用取引にも対応しているので結構面白い。

なお、期間中のランキングというものがあり、それで1位を取れたら100万円を元手に実際の株をやってみようと思って昨年バーチャル株を始めたものの、まったくもって1位にはほど遠い結果になっている。

一時期1000万円が1300万円にまで増えた。その時、週間ランキングならば6位まで取ったことがある。

ただし今、1300万円まで増えた総資産は・・・・970万円まで減ったのであった・・・・

最近は永久にランキング1位は取れず、現実の株はスタートできないのかもしれない、と思い始めている・・・

ただ、円安円高にここまでタイムリーに株価が効いてくるなど知らなかったため、大変勉強にはなった。

⑥ブログネタ収集

何か気が付いたことがあったらすぐスマホメモ帳に書き留めるクセが完全に定着した。
これはブログを始めて本当に良かったことだと思っている。

最近メモったことは「広い市」である。
1位:高山市(岐阜)
2位:浜松市(静岡)
3位:日光市(栃木)

・・・www知っても全然www意味ないwwww

というのをいろいろとメモ帳に入れて楽しんでいる。
むしろブログネタだけで原稿用紙5枚分くらいは溜まっているような気がする。

ブログに早く書いておきたいのだが、仕事終わり後、晩御飯を作ったりすると気力が足りないのである。

実は通常タバスコとタバスコハバネーロソースを舐め比べたり、創味のめんつゆとにんべんのめんつゆを食べ比べたりもしているが、書く気力が足りないのだ!
くやしい!

⑦洗剤やハンドソープ、シャンプーなどの開拓

2年くらい前からハンドソープ、洗剤類やシャンプー、入浴剤など毎回毎回違うものを買うようにしている。
大体香りを楽しむためなのだが、試すのがすごく楽しいのだ。

自分ルール上、一度買ったものはしばらく買わない、という運用をしている。
そうでもしないと気に入ったものを買い続けてしまい、フロンティアが広がらないのだ。
もっとフロンティアを味わいたいのである。

しかし、一部のものに限っては「連続で買ってしまった」
なぜ連続買いしてしまったかというと、圧倒的に好みの香りだったりするからである。

そんな最強のフロンティアはこちらだ。

■ハンドソープ:薬用ハンドソープ シャボグリーン グリーンフォレストの香り(香りが良すぎてもう一回買わざるを得なかった)
これはあまりの香りの良さに「アロマディフューザー」に入れてみたりして、全然適用できなく、泡だらけになったりしたくらい最高の香りである。

サラヤ シャボグリーン フォームl 詰替用 900ml


■柔軟剤:レノアスポーツフレッシュシトラスブルー(人工的だけど爽やかすぎる)

レノア 本格消臭 柔軟剤 スポーツフレッシュシトラスブルー 本体 550ml

ボディソープのナイーブのサイダーの香りもリピ買いしたいレベルの良さだったのだが、残念ながらシーズン過ぎでどこにも売っていなかった・・・

⑧飯屋開拓

外でご飯を食べるとお高くついてしまうため、「これは」と思った飯屋だけを開拓するのが楽しみだ。
あまり外食しないため、たまに外で食べるとすごい美味しく感じるのだ。

豪快に脂を使っていることと、塩分が強いこと+その店のテクニックによって、自炊よりも圧倒的においしいことが多い。
そしてあまりに旨かった場合は、家でコピーして遊ぶのだ。

大体、月に1回で飯屋開拓をしようと考えている。

2017年1月は赤坂の陳麻婆豆腐2017年2月は神谷町のニルヴァナムという南インドカレーのバイキングに行った。
次は神楽坂あたりを攻めていきたいと思っている。

ニルヴァナム食べログhttps://tabelog.com/tokyo/A1307/A130704/13019915/

スマホゲーム

30代だけど、ながらスマホゲームが大好きなのである。

今やっているのはFFBE(ファイナルファンタジーブレイブエクスヴィアス)というゲーム。
簡単に言うとスマホRPG
スタミナを消費して、ステージを選んで敵を倒し、武器防具を入手したり、ガチャで強化したりするゲームだ。

なんでこれにハマってしまったかというと・・・歴代のファイナルファンタジーのキャラクターが使えるからだ。
ファミコン時代の玉ねぎ剣士や、スーファミ時代のセシルやバッツ、プレステ時代のクラウドティーダなど歴代のFFキャラクターを自由に組み合わせてパーティを組むことが出来る。

最初はそういった懐かしいキャラクターが使えるから始めたが、最近は組み合わせの自由度に楽しさを感じている。
「強い」と言われるキャラクターだけでも50体以上はいて、それらで自由にパーティが組める。
装備もすさまじい種類があり、1人に6つの装備+アビリティ4つをつけることが出来る。
ケフカにれんぞくまとアルテマを装備させて2回アルテマを撃たせることも出来る、と言った具合だ。

しょっちゅう強敵が追加されるし、味方キャラクターとしては最近FF7クラウドも実装されている。
電車内での暇つぶしだけでなく、ボスに工夫して勝利するのがとんでもなく楽しいのでおススメである。


以上