読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代が何かしらで日常を楽しくしようと必死なブログ

これまでやってきたことのまとめ。これからやることを決めたり、経過を記入するブログ。

なぜだかわからないが、ブログの予約投稿は面白さが半減すると思った

検討系通常ブログ 趣味

f:id:kimanaval:20160807140333j:plain
私は最近ブログを予約投稿している。

目標を1日1回の更新しており、先に記事が出来上がったら、予約投稿をしておくのだ。

ただ、以前はbloggerを使って無料でGoogle AdSenseの承認を取ろうと頑張っていて、「はてなブログ」と「blogger」で毎日2記事書いていた。

しかし、bloggerでは25記事投稿しても、いつまで経ってもgoogleから承認がされなかった。
メールを送っても反応がなく、本当に見ているのか?と思い、すべての記事を下書きに戻してみたら、即「落選」のメールがきた。
ネットに乗っていた「写真を貼らない」「リンクを貼らない」などのことを守りつつ、文字数を稼ぐブログを書いていただけなので、まったく書くこと自体が面白くもなく、もうbloggerは一切更新を辞めてしまった。

そしてblogger側で投稿している記事は引き上げ済なので、こちらで流用していくことにしようと思っている。

1つのブログを辞めると、毎日2つの記事を書いていたのが1記事になってかなり余裕ができる。

ただ、最近予約投稿って書いている私自身があまり楽しめていない気がしてしまっている。
メリット・デメリットを洗い出して、今後どういう風にブログを書いていくか決めたいと思った。

■予約投稿のメリットとデメリットを考えてみる

<予約投稿メリット>

・アップロードのし忘れがない。
・ブログのアップロードを平均的なスパンで行うことが出来る。
・先々のブログは書き終わっているため、自分ノルマの1日1記事というプレッシャーに感じにくい。
・数日かけてブログを書きたいときも、明日のブログのことを気にしないで済む。

<予約投稿のデメリット>

・毎回その時一番書きたいことを書いているつもりだが、アップロードが数日先と思うと若干冷める。
・予約投稿のストックに安心してしまい、書くのはまた明日でいいや、と思ってしまう。
・「公開」ボタンを押して、即ネットに反映されるあの感覚がない。

メリットは余裕ができること、デメリットは気持ち面で勢いが削がれることと思った。

■今後どんな感じでブログを書いていこうか考える

その場で気になったことを一気に書き上げて、そのまま公開!というのがなぜか一番気持ちがいい。
達成感すらあるのだ。

しかし平日は仕事がある。帰ってから晩ご飯を作ることもかなり多い。

そして最近は、速水もこみちのMoco'sキッチンの影響で、料理の盛り付けに面白さを覚えるようになってしまい、早く帰宅して、縦に高く飯を積んだり、マヨネーズを網状にかけて盛り付けを楽しんでいたりもする。
単純に料理にかかる時間の増大だ。

そうなると晩ご飯を食べ終わると20時は確実に越えている。

そこから寝るまでパソコンに向かってもせいぜい3時間しかブログは書けない。
3時間で調べるのに時間が足りないことも多々あったりする。

そうなると予約投稿を止めたら、時間が無くて書きたいことが書けない!となるのだろう。
予約投稿+1000文字にも満たない、書き殴りをアップロードする方向で行こうかな、と思った。


以上