読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

30代が何かしらで日常を楽しくしようと必死なブログ

これまでやってきたことのまとめ。これからやることを決めたり、経過を記入するブログ。

台所や風呂のピンクのカビの増殖がとてつもなく早い。通常の3倍か!!

住宅関連 検討系通常ブログ

f:id:kimanaval:20160711213701j:plain
我が家は共働きなので、家事は分担している。
どちらも暇というわけではないため、気が付いたほうがサッと掃除するというのが基本になっている。
(とは言いつつ私が平日の調理、風呂、トイレ、台所の掃除要員だ。洗濯、ゴミ捨て、掃除機、休日飯など諸々は結構まかせてしまっている。)

夏場になるといつも思うのが、ピンクのカビの増殖速度だ。
これは気が付き次第掃除しないと何かいやな気分になってしまう。
すさまじい速度で広がり、気が付いたら囲まれている。風呂の椅子の裏・・んだこれ、やべえ!って感じである。

こいつが発生するのは主に2箇所。

台所周りと風呂場だ。

台所周りでは、食器を洗ったあと置いておくカゴ(プラスチック製)、食器洗いのためのスポンジ置き場(プラスチック製)、三角コーナー(プラスチック製)だ。

三角コーナー下のシンク(ステンレス)なども水分が滞留しやすいかと思いきや、ピンクのは発生していない。
常時水が流れているからなのか、プラスチックで菌が増殖しやすいのか・・・

やっぱりプラスチックに付着しやすいのか!?

なんて思い、ちょっと調べてみた。

■ピンクのカビと思われるやつの名称

そしてピンクのあれはカビでは無く「酵母菌」とのことだった。
カビも菌だがカビと系統の違う系列のようだ。

酵母菌系統のロドトルラという名称らしい。

二回くらい調べたが、ロドトルラとか5秒後には忘れている。

これを見たあなたがロドトルラを明日まで覚えていたら、フフン、と自分を少し褒めてあげてよいと思う。

台所の場合をこいつを落とすのに、食器洗いするにはちょっとボロいスポンジを使用している。
そしてハイターと組み合わせて落とすのだ。

今のところはこの組み合わせでも大体のロドトルラは落ちている。
しかし、若干いやな予感がしているのは洗った食器のカゴである。

若干カルキが固まりかけていて、石灰っぽい感じになっている。

それがスポンジでこすってもなかなか牙城を崩すことが困難であったりする。カルキは、硬い。

■カルキを落とす方法

カルキにはクエン酸が良いらしい。
ただこのためだけにクエン酸購入をするというのもなんとも効率が悪い。
少し調べてみたら、台所洗剤のキュキュットクエン酸入りというものがあった。
今の食器洗い洗剤は詰め替え用大ボトル購入をしているので、ひょっとしたら秋になってしまうかもしれないが、次回はクエン酸入りにて、カルキとピンクのロドトルラをまとめて退治しようと思う。

■風呂周辺

我が家の風呂はプラスチック製の床だ。非常に安っぽく見える。

実家はタイル系だったが、プラスチック製の今の住居に住んでからこのピンクのを良く見かけるようになった気がする。
(実家より掃除適当だからか!?)

ただし風呂場のロドリゲスは、カルキのような水の石灰化がないため、バスマジックリンとスポンジで軽くこするだけですべて消えていく。とても良心的である。

良心的だが、ロドリゲスもロドトルラは気を抜いたらすぐに復活するのである。
私の感覚だと3日でやや色づくレベルだ。

3日に一度も風呂の床清掃はしていられない。対策を考えてみた。

■ロドトルラの弱点
ロドトルラはエタノールに弱いということがわかった。カルキはクエン酸、ロドトルラはエタノールだ!

エタノールできっちりと除菌して、風呂場を乾燥させればしばらく出てこなくなるらしい。
そしてきっちりと除菌が出来てないと、数日で出てくるとのこと。

ロドトルラは空気中にいるので、いずれまた湿ったところから菌が増え始めるが、あの色と当面おさらば出来るなら試してみる価値はあるだろう。

というかエタノールって、エタノール単体で買うと消毒しか使い道がないような・・・

ということで、我が家はイオンの類似品バスマジックリンを今は使っているが、今度は除菌プラスのバスマジックリンを狙おうと思っている。
除菌プラスのマジックリン系も効果はあるようです。



以上