30代が何かしらで日常を楽しくしようと必死なブログ

これまでやってきたことのまとめ。これからやることを決めたり、経過を記入するブログ。

天下一武道会を日常に適用すると・・・食品天下一武道会

f:id:kimanaval:20160710143600j:plain
私が小学生の頃、思いっきり流行ったマンガがある。
それはドラゴンボールだ。


ドラゴンボールという7つ揃えることで、どんな願いも叶うボールを求めて、悟空という見た目は人間だが「サイヤ人」と呼ばれる種族の主人公が強い敵と戦い成長していく姿を描くマンガだ。

昔はこれがあまりに面白くて、マンガで読んではテレビアニメで見て、また録画で見て、何度も何度も見返してそれでも本当に面白かった。やはり小学生時代には「強い」というのは本能的な一つののめり込む要素なのかもしれない。
私と同年代は、皆すべからく光線技である「かめはめ波」、空を飛ぶための「武空術」、力を集める一撃必殺「元気玉」などは、もしかしたら自分にもできるんじゃ!?と思い練習したことだろう。

■私のドラゴンボールを用いた特訓。

私はかめはめ波ならば数メートル出すことができたが、武空術は2mほどしか浮かず、元気玉についてはほとんど形にできなかった。
ただ、筋斗雲は自在に操ることができていた。しかも私はピッコロのように緑色で、卵を口から産むのだ。
その卵を使って、目玉焼きを作りタンパク質を補えるため、軽い永久機関です。でも卵は緑。緑黄色野菜の代わりってくらいです。

ちなみにこんな適当なことを書いているが、実際の私も仕事は大してできず、給料泥棒のようなポジションである。
ただし残業代の申請には定評のある男、それが私だ。

残業の申請は誰も来ていない朝一に行う。月に一回は朝7時30から勤怠をシステムに打ち込みまくるのである。
課長が席についたころ、一か月まとまった私の残業申請が火を噴く!!!承認せざるを!!!得ない!!!!!
そういった意味では、かめはめ波の練習は、今の仕事にすごく生かされているのかもしれない。


天下一武道会形式で食品バトルを行う。

さて、ドラゴンボールの中で「天下一武道会」というものがある。

一番強いやつを決める!というトーナメント戦で、1対1でなんでもありのバトルをし、決められたフィールドから落ちるか、参ったをしたら勝敗が決まるというシステムである。
これは私の好きな「どっちが上か」を完全に表していて、結果どっちが勝つのか、は本当に気になって気になって仕方ないレベルだったことを覚えている。

今30代くらいの人ならばこの気持ちがわかっていただけるのではと思う。

天下一武道会を面白いと思わなかった人は少ないんじゃないかと、私は勝手にそう思っている。。。

そんな天下一武道会だが、これはいろいろ応用することで楽しめる予感がしている。

パッと思いつくところで
パンの天下一武道会

例えば、スーパーで買える種類のパンを買い集めて価格帯で対戦順を作り最強を決めるのだ。

■食品天下一武道会へのエントリー食パン

・本仕込(8枚切:フジパン・・・フジパンホンジコミィ~~
・超熟(8枚切:Pasco・・・現時点、市販品最強と言われる食パン。とある会社の経営危機を救ったとか
・モーニングセレクション(8枚切:第一パン・・・88円。とんでもない安値購入ができた。
・ふんわり(6枚切:ヤマザキ・・・唯一の6枚切り登場。耳も真っ白でふわふわうまそう。


なんでこんな詳細に書けるかというと、実は上記はすでに購入済なのである。

■各エントリーパンの価格はいくらなのか

忘れないうちに記載しておきたい。これは近所のスーパーで購入しているためディスカウント込みだ。
・本仕込:148円
・超熟:148円
・モーニングセレクション:88円
・ふんわり:138円

モーニングセレクションの安さが尋常ではなく、他の追随を許さないレベルである。
8枚切りが88円とか、朝食で2枚とすると22円が一食分の食事になる。ジャムやコーヒー、目玉焼きをを足してもせいぜい+40円だろう。すさまじい価格効果だ・・・

モーニングセレクションと他のパンが一口食べて大きな差が感じられなければ、その時点でモーニングセレクションの勝ちかな、と思っている。

武道会のバトル設定は、「常温での通常食い」、「焼き4分通常食い」「焼き4分マーガリンの部」「焼き4分オリーブオイルの部」で考えている。



以上

象印 オーブントースター温度調節機能 ET-WM22-RM

& Premium特別編集 おいしいパン案内。 (マガジンハウスムック)